先日、4回目のキリマヤに行ってきました。
前回のメンバーがボロボロだったので、リベンジだー!ってことで。
クラブタイランドのプロモーションで、KIRIMAYAのAtta Lakeside Resort Suiteがとってもお得だったので。
実は前回、このプロモーションに気が付かず、ホテルの方に宿泊
もちろんそれでも良かったのですが、お部屋は断然新しいAttaの方が良くて、しかも1000Bほどお安い!
惜しいことしました。

新しくて、綺麗なコースだったんだけどねー。
グリーンが馬の背で超難しかった(*_*;
よくわからない池にサイズ感の合わない船(笑)
白鳥もいましたー。

f0254829_09570342.jpeg

f0254829_09573639.jpeg
途中、暑くて汗だくになったり、雨が降ったりコロコロお天気が変わったので、余計に疲れたわー。
パット数が多く、スコアはボロボロ。。。
でも、もう一度行きたいコースです。

f0254829_09575867.jpeg
宿泊先のKIRIMAYA
Atta Lakeside Resort Suite
1bedroomでキッチン、ダイニング、リビング付き
こちらリビング
ベッドにもなるゆったりソファは座り心地も良かったよー。

f0254829_09582714.jpeg
ベッドルームもゆったり
リビングにもベッドルームにもTVあり
出来れば3泊くらいしたい感じ

f0254829_09590309.jpeg

キッチンは、包丁やまな板、お鍋などは無く、ホテルのお部屋にはあったお皿も無かったわ
ちょっとした調理可能ならおつまみ程度の材料用意したんだけど。

でも、夜の部屋飲みするのにテーブルあって良かった。
f0254829_09592525.jpeg

バスタブは、猫足だったか忘れたけど、これってシャワーの水飛びまくって床が水浸しになるよねー。
浴槽使わずでした。


f0254829_10000258.jpeg

バルコニーもとっても広くてゆったり
涼しかったら、外で飲むのも気持ちよさそう。


f0254829_10001807.jpeg

1泊だけだったので、もったいなかったけどとっても快適に過ごせましたー。
また行きたい。

ちなみに2日目はKIRIMAYAのコースでラウンド
こちらも、途中で雨が降ったりして何度も中断
スコアはボロボロ

4回目のKIRIMAYA だったけどワーストスコアでしたー(ノД`)・゜・。
あかん、またリベンジしなきゃ!!!


[PR]
# by curarinn | 2017-10-30 09:53 | GOLF | Comments(0)

OMOTENASHI


サワディーカー!

ひさーしぶりのご飯ネタ(^^;
昨日は、会社の若い夫婦が遊びに来てくれました。
ご主人が前からウチにご飯食べに来たかったということで。
どんな期待???

奥様も同じ会社だったので、入社当初から知ってるのよね。
もう退職しちゃったけど。

去年から習い始めたお料理教室のレシピを中心に作るものを決めて、前日6か所のスーパーをハシゴして食材購入
昨日は、朝から準備しました。


f0254829_17584697.jpg


王様のお誕生日ということで祝日だったけれど、お仕事だった旦那さんたち。
帰る連絡もらって、タイミングを合わせたつもりが、思ったよりも早く帰って来ちゃってアタフタ、アタフタ。
テンパってる状態で火傷しちゃって(ノД`)・゜・。
仕上げがグダグダになってしまいました(;'∀')


最近の定番「タブレ」と「黒オリーブのフライ」
タブレには、クスクス・白インゲン・海老・松の実・トマト・きゅうり・パプリカ・レーズン
黒オリーブは、種の穴に牛ミンチとイタリアンパセリ、クリームチーズを混ぜたものを詰めてます。
これが大好評でした(^^)習ったものなんだけどね。

f0254829_17593939.jpg


「牛ステーキ肉のオープンサンド」
こちらも美味しいので、お客様のたびに作ってます。
慌ててて、チーズのせるの忘れたよ(^^;


f0254829_18002758.jpg

「生ズッキーニのサラダ」
お友達から、生で食べれるって聞いて初めて作ってみました。
「カプレーゼ」

f0254829_18005722.jpg

「アボカドとパパイヤのサラダ冷静トマトスープ」
サラダには蟹身が入ってます。
ガスパチョは普段から良く作ってたけど、プロから習うとやっぱり違うね。
本当は、最後にオリーブオイル回しかけるはずが・・・忘れた(*_*;

f0254829_18012293.jpg

私がメニューを考えると、どうしても野菜が多くなる。
何か肉料理を・・・ということで、
「スパイスマリネポークとパプリカのピンチョス」
お肉がちょっと固かったので、今度はマイナップルと一緒に漬けこもう。

「生ハムスイカ」
生ハムマンゴーも良く作ってたけど、意外にもスイカが合うって、これもお教室で教えてもらいました。

「ケークサレ」は玉ねぎ・しめじ・パプリカ・セミドライトマト入り


f0254829_18021306.jpg

これ以外に、「野菜のアヒージョ(袋茸、ハヤトウリ、マンゲーオ)」「ドラゴンフルーツとひよこ豆のコロコロサラダ」
「ポテトパン」焼いたよ

最初のガスパチョが結構ボリューミーで、お腹いっぱいになってしまったわ。

2人とも喜んでくれて良かった(^^)


あんまり、お料理得意じゃない私(^^;
ほろ酔いで、楽しかった時間の余韻に浸りながら後片づけする時が好き
洗い物の方が好きなのよねー。

また来てね。



[PR]
# by curarinn | 2017-07-29 17:57 | おもてなし | Comments(0)

バンコク到着が深夜のため、ドライバーさんにお迎え頼むのも申し訳なく、深夜という時間帯の女性一人でタクシーに乗るのも怖い。
だから、朝まで安全な空港で過ごし、電車で帰宅しようと思ってました。
でも、疲れたのと眠かったのでやっぱりタクシーで帰ろうとタクシー乗り場へ。

時間は午前2時前くらいだったかな?
スワンナブーム空港は、タクシーに乗る際タッチパネルで発券しそこに示された番号の乗り場から乗るシステム。
この紙には、乗り場の番号だけでなく、乗るタクシーの情報も書かれてるらしい。
なので、何かトラブルやクレームがある場合はこの紙で通報できるそうな。
でも、睡眠不足と疲れでボーっとした頭の私は、その紙をドライバーに渡してしまった・・・痛恨のミス(ノД`)・゜・。

タクシーの色は少数派の青
ドライバーは30代から40代ってところでしょうか。
コロコロをトランクに入れようとしてくれたけど断り、行き先を告げ乗車

乗車後、ハイウェイではなくモーターウェイでと伝える。
ハイウェイは遠回りになるし、深夜の時間帯は道が空いてるから、モーターウェイ使っても30分で帰れるの。

・・・が、ドライバーがもそもそなんか言ってる。
は?


More
[PR]
# by curarinn | 2017-06-19 09:47 | 日記 | Comments(0)

往復のいろんな出来事編

通常生活に戻さなくては。。。と思いながらの週末
土日共に旦那さんはゴルフ
ダラダラ過ごしました~。

あ、実は私が帰国中に酷い食中毒で、1泊病院にお泊りされてました。
げっそりしてるかと思いきや、全然痩せてないし。
すぐに回復して良かったわ。


バンコクから日本へは、出発時間が深夜ということで、眠くて眠くてしんどかったけど、沖縄での乗り継ぎも良い感じでスムーズに実家まで帰れました。

日本からバンコクでちょっとしたトラブルが!


More
[PR]
# by curarinn | 2017-06-18 23:24 | 日記 | Comments(0)

おばちゃんの体力全開にしての一時帰国
未だ疲れが取れません。。。(^^;

さて、Peachに乗った感想です

◎機材・座席

AIRBUS A320-200型機使用で、真ん中通路左右に3席ずつ
思っていたより、座席の幅がありました。
ただ、前の座席とのスペースが無くて、女性の私でも膝が前の座席の背もたれに当たるという。。。
後ろの方に申し訳なくて、リクライニング出来ませんでした。

座席指定は有料のため、飛行機のドアが閉まった後、空いてるからと言って座席の変更するのはNGとアナウンスが入ります。

で、今回座席指定をしなかった私

*バンコク→那覇* 
空席目立つ
真ん中あたりの窓側 
隣は無人。通路側にスリムな日本人女性だったので、ひじ掛けを上げることが出来たのと、横からの圧迫感がなかったのが良かった(^^)

*那覇→関西*
満席
真ん中あたりの真ん中席
左隣窓側は日本人女性 右隣通路側は細身の若い日本人男性
2時間のフライトなので大丈夫

*関西→那覇*
ほぼ満席
真ん中あたりの窓側
隣は10歳くらいの女の子。その隣の通路側は、お母さんらしきかなり若い女性

*那覇→バンコク*
ほぼ満席
前方の窓側
隣は、かなり豊満な日本人女性。その隣通路側は、お連れの日本人女性

好みは通路側席だけど、フライト時間短いし(バンコク⇔那覇 4時間、那覇⇔関西 2時間)、乗る前にトイレを済ませておけば、窓側でも大丈夫(^^)

◎エンターテイメント
座席にモニターが無いので、映画や音楽を聴けないけれど、スマホ利用でのエンタメは無料提供されてます。

深夜便なので、みんな寝てましたけどね。
私も瀕死のiphoneだったので、利用せず。




More
[PR]
# by curarinn | 2017-06-18 19:23 | 日記 | Comments(0)